死ぬまでワクワクしたーいわー

「さかいゆう」さん Coming Up Roses ツアー終了続き!

ゆうさんの出身地、高知!!!!!!!

高知高知ーーーーーーーーーー!! 「日曜市」で、甘夏を買ったよ! それから、番茶とか、もろもろ、お茶類。土佐のジンジャーエールと、あと悠歩くんがトマトジュース飲んでたな。

img_5

img_9
甘夏おいっしかった!ゆずジュースとか、ジンジャーエールとか、
おいしそうな飲み物もたくさんあった。「オカヤドカリ」が売ってた!

 

ライブ前日、海まで3人(私、ゆーほくんとゆうさん)で自転車を借りて行ってきました。
img_4

ちんちん電車!!

コレがですね……….!
2人の全速力ぷりったらなかった。私、絶対置いて行かれると思ってだいぶ必死でこいだけど、あれは一種の、修行だったなぁ。いや苦行だなあ。

img_6

そして海、到着!!

img_7

海、である!さっそく、裸足になるである!!

浜辺で釣りをしている漁師っぽいおじさんに、何を釣っているのか質問したら、「あじだ」「日が暮れてから釣る」についてはわかったけど、その後いろいろ説明してくれた言葉が、本気で何一つわかんなかった…、わからなさすぎて「え?」とか言えるレベルじゃなかった。
おじさんごめんね。高知の言葉むつかし。浜辺の石たちがすごくキレイでした。

そして桂浜の上に立ちこめる雨雲。でも、おかまいなく山のてっぺん、龍馬さんの像に向かう…。

img_3

 

龍馬さんの像の近くまできた時点で、どっしゃぶり。ほんとにどしゃぶり。3人ともぐしょぬれ。
ゆうさんの曲「train」の最初の歌詞、「降り注ぐ雨 ふきすさぶ風 あなたとならば すてきなBGM…」
と聞きながら雨宿り。

img_8

いっこうにやまず。

あれぁ、ここ最近で最も寒かったなぁ…。

ほぼ暗闇の中で、少しだけ雨あしが軽くなったので龍馬さんを見て、下山。

img_2

く、暗っっっ

―――下山中…。男子ふたり、下り坂なのに、ペダルこいで加速してる…

曲がり角でちょいとバンクつけるぐらいのスピードで、来た道よりきっと遠回りして、帰りました。

お互いの距離を「リンリン!」ってベルならしながら耳で確認しながら(目視確認されないから、ならさないと本気で居なくなっても気づかれなさそう)
。悠歩くんは、途中でベルが壊れて「リンリン!」って叫んでた。

そのまま、ラーメン屋に!!!
手打ち面がはんぱなく美味しかった。寒くて凍えてたけど。
img_10

そのあと、「ひろめ市場」へ!!
img_0

ずぶぬれの2人。私、あたまがペチャーぁっと、しとる。
大人気観光地で、大混雑してました!私たちは違うお店へ。(ラーメン食べたのに。)

あの浜辺の奇麗な石をいくつか拾って来たけれど、ホテルに帰ってみたら

「あれ?拾ったのってこの石だっけ。」ってちょっと思うくらい、普通の石になってたなぁ。
試しに濡らしてみたら「そうそうそれですよ」とばかりに出会った時の雰囲気を出して来たけど、やっぱり浜辺に居た時のあいつとは違ってた。 たぶん、想い出分の魔法がチョイ上乗せされてる。
スキー場で見る男子とか浴衣の女子が2割増で素敵に見えるような、そういうやつだ。

img_11

☆ ☆ ☆

翌日はツアー最後のライブ。
ツアー最後が、故郷の高知なんて、素敵だなぁ。
「僕と君の挽歌」というあの名曲が産まれた場所。「三浦」さんに、きっと届いてる。

アンコール曲の最後の最後に、ゆうさんが、バンドメンバーやスタッフさんやライブハウスさんにお礼を言って、そして最後「母に!」と付け足した時、なんか涙でちゃって止まらなかった。

初めての、ツアーでのコーラスをさせていただく事になって、ツアーが始まる前から思いはブログにも書いていたけれど、終わってみても、最高のツアーでした。
さかいゆうさんと、彼の曲はもっともっと、広くみんなに聴いて欲しい、知って欲しい、と思いました。
100年先も。

また、どこか事務所とかに所属してるわけでもなく、全ては個人的なつながりからの今回のツアーだから、今回のメンバーだったことも本当に、心から、幸せでした。
特に、コーラス経験豊富な吉岡悠歩くんの、言葉の端々にとっても助けられました。
何度もリハにつき合ってくれて、ボーカル練習まで。本番中も、どれだけ緊張が和らいだか。 

☆ ☆ ☆

いつか自分もツアー出来るように。その時のメンバーも最高でありますように。

たぶんきっと、どんな仕事でもそうだと思うんだけど、
触れられるほど近くに、心から尊敬できる人が居たら、その人がいろんな人に発信しているものを目の当たりにしたら、自分も頑張ろう。て思える。
6/15、渋谷公会堂で、またさかいゆうさんとそのチームに、私が出来る最大のものを出せるように。

………..ツアーから東京に戻り、家に着いた10分後ぐらいにまた家を出て自転車かっとばし、みんなと合流してカレーを食べました…。
「そういえば昨日、1000キロぐらい離れた高知でもカレー、食ったな。」とか、言いながら。

いいかな?いいかも?いいだね?いいさ、Life goes on!!

Share Button